お洒落なバー PS150

先月マレーシアに行った時に、諸事情によりお酒を呑む機会がありませんでした。

でも私はお酒が好きなのです。

最終日奇跡的に現地の人には連れて行ってもらってバーに行けたのでそのお話し。

セントラルマーケットから歩いて10分くらいの路地裏?みたいなとこにある、PS150というバーにいきました。

外観はこんな感じ。

実際はもっと暗いです。

ここを通り抜けると

中はこのような感じ。

見た感じ、欧州のお客さんが多い印象。

映画、花様年華や、水曜日のカンパネラの一休さんが好きな方には、オススメの店の雰囲気です!

現地の人に頼んでもらってこのカクテルを飲みました。

マレーシア🇲🇾の旗もたっており、旅行者の心をくすぐってくれます。

このカクテルを飲みました。

すごく美味しかったんですけど、どんな味だったかはっきり覚えてないので、また今度行こうと思います。

Old China Kafe(Cafe)

二月の終わりに一年ぶりに休みを取ってマレーシアに行って来ました🇲🇾

諸事情で当初予定してたのと、大分違う旅行になってしまったのですが、忘れないうちにブログに少しずつ書こうと思います。

今回、去年マレーシアに行った時に行けなかった、Old China Kafe(cafe)に行って来ました。

クアラルンプールのチャイナタウンの近くにあります。

あまりにも暑いのでUber(新しいタクシーサービス)でホテルから直行しました。

余談ですが、、

(物価が安い国に旅行すると、財布の中身を気にせず羽振り良く?お金が使えるので、日本でつつましやかに生活してる身としてはありがたいことです。お金持ちになった気分です(^^;)

今回、クアラルンプールの移動はUber のみです。電車使ってません。日本円の貨幣価値に感謝です!日本万歳🇯🇵)

本題に戻ります

プラナカンがテーマのレストランです。

外観はこんな感じです。

1人でも入りやすいレストランですけど、1人客は私だけでした。

内装はプラナカン好きならテンション上がります。

レトロな感じが素敵です☺️

古き良き映画の中にいる気分です。

お客様は、旅行客の方が半分以上だと思われます。

食事の値段は食事と飲み物で1500円くらいのお手頃価格で食べれたのですが、現地の物価で考えるとなかなかいいお値段のお店です。

ラクサとレモングラスのジュースを注文しました。

美味しかったです^ ^

うちの店のラクサより、まろやかな感じです。

日本人の皆様にも食べやすい味付けだと思います!

ラクサはお店や、地域によって色々味が違うので、毎回新しい味に出会うのが楽しみです。

(一番好きなラクサはペナン島で食べたラクサです。この話はまた後日。)

ゆっくりもできるし、落ち着いた雰囲気だし、またクアラルンプールに来た時は是非食べに行きたいです。

改めてプラナカンの雰囲気は良いですね。

マラッカに行きたくなります。

この後、うちのカフェに、何回か来ていただいたマレーシア人の御家族に会いに行きました。

その話はまた後ほど^ ^

昔の自分をみてるよう

バタバタしてるといつのまにか11月半ばになって来ました。

最近、日本に留学してたり、ワーキングホリデーで日本に滞在していたり、日本企業で働いてる若者(年齢は聞いてないけど若い)が来てくれる事が増えてきました。

ありがたい事に、海外からのお客様のほうが意外と話しかけたりしてくれるので、会話する事が多いです。

私自身も、大学生活は約4年半、アメリカで留学生として生活したので、その若者たちを勝手に昔の自分と照らし合わせています。

私の大学は、サンフランシスコのダウンタウンのど真ん中にあったので、本当に色々な国の人がいる場所でした。

(写真はサンフランシスコのダウンタウンの写真、凄い坂ですよね。道に物落としたら凄い速さで坂の下まで滑り落ちます)

そのおかげもあってサンフランシスコの住人達は皆、外国の人に慣れてるので生活するのにあまり苦労はなかったのですがそれでも始めの1-2年はお店に入るのも、なんか緊張したり、注文が簡単なお店ばっかりいってました。

住み始めた当時、私の下手くそな英語にきちんと向き合ってくれた皆様、今更ながら感謝してます。

余談ですが、私がサンフランシスコで基本食べていたものは、ダックワンタンスープ(当時6ドル前後、チップ別)と、ブリトー(6ドル前後)と、ピザ(1スライス5ドル前後)ばっかり食べてました。これを順番に毎日。

ハンバーガー専門店も好きで行ってたんですけど、14ドル以上払ってたような記憶があります。

通っていたお店については、またいつかブログで書いてみようとおもいます。

スターバックスは、一日2回くらい言ってました。しかも当時は甘党だったので、カフェモカばっかり。

まあ、このような食生活なのでよく体調崩してました。

長い人生の中でたった4年半だけど、やっぱり人生の中で強烈な印象を残してくれた留学生活でした。

今更ですけど、亡き両親に感謝です。

もっと仕事がんばります。

ここに来てる海外からの若者達が、彼らの母国に帰った数年後、このカフェを思い出してくれたらいいなぁと思っております。

彼らも毎日、言葉の壁や、文化の違いに何か感じながら生活してるのでしょうか?

久々の投稿

寒くなってきました。

ブログを更新してない間に色々ありました。

あまり人に言ってなかったのですが、8月に母親が亡くなりました。

本当に悲しいことがあると意外と公に人に言えないものですね。

父親も10年程前に亡くなっているのですが、両親がこの世にいないというのは、寂しさと同時になんとも言えない気分になります。

父親が亡くなった時は、私はアメリカで大学生をしていました。

最後に日本で会った時闘病中だったけど、元気そうだったので、私自身若かったのもあって、勝手に大丈夫と思い込んでいたので、なんともいえない気分だったのを覚えています。

母親も本当に容態が悪くなる直前まで電話でよく何かあったら電話で話してたので、亡くなった後も実感がわかなくて、しばらくは以前の癖で電話をかけそうになって、かけるのをやめて、その度に、ああ、母はいないんだなぁ。と、実感させられました。

祖父母は皆長生きだったので、この歳で両親がいなくなるとは思ってもいませんでした。

こういう人生の中で大きな出来事が起こる時は、何か他の事にも影響というか、勢いにまかせて潔い決断がでたりするもので、比較的人間関係に対していい意味で色々決断できたりしました。

誰が自分にとって大事な人なのか、毎日貴重だからこそ、無理な付き合いはしたくないと思うようになりました。

母親の葬儀がきっかけで、しばらく連絡とっていなかった友人やお世話になった人達とまだ交流がはじまったり。

その逆もあったり。

ここ数ヶ月、ストレスのせいか、かなり体調崩したりもしましたが、カフェはなぜか意地でも毎日営業しました。

もちろん、共同経営者の884さんや、スタッフのRさんのおかげもあります。

本当にありがとうごいました。

あまり、心の内をSNS やブログに書くことはないのですが、書けるようになったってことは、前に進めたのだと思います。

これからも今までのどおり馬車馬のように働きます😎

カフェマラッカをよろしくお願いします。

海外からのお客様

海外からのお客様は特に、香港、シンガポール、マレーシア方々がうちのカフェによく来てくれているという印象をうけます。

マレーシア人のお客様の中には通りがかりに入って来て、オーナーがマレーシア人かと気になって話しかけてきてくれたりします。

そこで日本人の私ともう一人の884さんが経営してるとわかると、とてと不思議みたいで、どのようなきっかけで??等、よく色々質問して下さいます!

大体、注文時に話したりするのですが、意外と旅行最終日にここに来て、ホワイトコーヒー(マレーシアでよく飲まれているコーヒー)を頼まれたり、チキンライス頼まれたりするお客様が多いのです。

なんで、日本に来てホワイトコーヒーやらチキンライスをわざわざ頼むのか聞くと、もう日本食に飽きたという答えが多いのです。

うちのお店のメニューは、現地の味付けとは違うよと言っても、少しでも現地の味の方がいいのかよく注文されます。

私も今度海外に行ったらあえて日本食レストランに行って、現地の人達が食べる日本食を食べたいと思いました。

むしろなぜ、海外で日本食レストラン始めたのかその人たちの話も聞いてみたいなぁ。と思っております。

早く休みがとれますように。

写真は海外のお客様達